公営墓地は自治体が管理をする霊園

公営墓地は自治体が管理をする霊園


公営墓地は自治体が管理をする霊園
公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。

都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、さらには応募方法等に関して、各自治体の霊園課などに確認をしましょう。各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるためには、そのお墓を使用することとなる権利を取得する永代使用料が必要なのですが、公営墓地の場合におきましては、民営の墓地と比べて、永代使用料や年間管理費が安価となっています。 霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。




公営墓地は自治体が管理をする霊園ブログ:20220730

おいら達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたがお子様ができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの親も、
段々とお子様の話題を
おいら達の前で出さないようになっていきました。

当時のおいらは、実のところ、
お子様が欲しいと思っていませんでした。

小さいお子様をどう扱っていいかわからなかったし、
何より、お子様が生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
お子様が欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった親には
おいら達お子様の面倒をみる余裕がありませんでした。

それをお子様心に
「親に愛されていないおいらは、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
お子様を愛さない親はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
お子様達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分のお子様がいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
お子様を妊娠したと妻から報告を受けたのは…

妻は電話口で泣いていました。
今振り返れば、妻もまた、おいらと同じように自分を責めていて、
おいらの思いは知らぬ間に妻の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。

公営墓地は自治体が管理をする霊園

公営墓地は自治体が管理をする霊園

★メニュー

お墓をローンで購入するケースが多い
公営墓地は自治体が管理をする霊園
メリットが多い民営の霊園を利用する
自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
立地条件は霊園選びで大切
宗教に関する問題が管理者によって存在する
設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
霊園選びで失敗をしないために
霊園の管理状況や環境などを確認
指定石材店制を導入している多くの民間霊園


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)まるわかり霊園NAVIGATION